スポーツカーに乗る


スポーツかと言えば、スピード感や乗り心地も普通の車とは異なってきます。
デザインも格好良く、ドライブが好きな人にはもってこいの車です。晴れた日にオープンカーにして走ると気持ちいいですね。
実用性よりも趣味として、スポーツカーの中古車選びをしている人はたくさんいます。

スポーツカーは男性からの人気が高いですが、新車で買うには高すぎるので中古車でと言う人が多いですね。
新車であっても、安くて100万ぐらい高いと1000万を超えてしまいます。
憧れの車といっても過言ではないでしょう。
中古車であれば多少安くはなりますが、100万を切る車はほとんどないと思って間違いありません。

スポーツカーの中で馬力があると言われている車は三菱のランサーやトヨタのソアラ、ホンダのNSXなどがあります。
またスポーツカー初心者でも乗りこなせるのが日産のフェアレディやマツダのロードスタークーペと言われています。
初心者は中古車で安く乗りやすいスポーツカーを見つけるのがよさそうです。

ただ中古車選びで国内車より輸入車の方が目に付くかもしれません。
フェラーリやポルシェなど、憧れの輸入車でも中古車があるのです。
どこのお店にでもあるわけではありませんが、売っているお店もあるのです。
有名な赤のフェラーリは中古車であっても安くても1000万円を超え、簡単に手に入れることはできそうにありません。
フェラーリに比べるとポルシェは500万以内で済むので、輸入車にしてはお手ごろ感があります。
どちらにしてもかなりの価格であることには間違いないですね。

アメリカ製の車もとても人気があります。
キャデラックやシボレー、クライスラー、ハマーといった車定番ではないでしょうか。
車種にもよりますが、ベンツやBMWといってドイツ車に比べるとお手ごろな値段で手に入るものが多いのが特徴です。

しかしながら、アメ車は壊れやすいというイメージが強いのです。そのため中古車選びではアメ車を避ける人も多いのです。
実際のところ、日本車に比べエンジンやボディの耐久性は優れていると言われています。
ただ、中古車を輸入する際に、メーターの巻き戻しが行われている場合があるのです。
ひどい場合は10万キロ以上の巻き戻しがあったりします。
こんな状態だと、どうしても壊れやすくなってしまうため、アメ車は壊れやすいというイメージがついてしまっています。
きちんとしたお店で選べば、状態がよく長持ちするアメ車を手に入れることができます。

中には輸入車に対し、PL保険をかけている場合があります。
車の故障により被害を被った場合、製品に欠陥があり、欠陥と損害の因果関係が証明されれば損害賠償を受けることができるのです。
アメ車の中古車選びの場合PL保険をかけている販売店で購入すると安心できると思います。

アメ車の輸入車の場合、船で日本に運ばれてくることが多いので、車さびている場合があります。
また、日本に比べ道が整備されていないところも多いため、車の下の方に傷が多いので気をつけましょう。
購入前は要チェックが必要です。

ページのトップへ▲