中古車の購入費用


中古車であっても、決して安くない買い物です。誰もが予算を決めて買い物に来るはず。
多くの人が中古車選び大切にしているのが、自分の欲しい車と値段決めると思います。

値段を決めてから購入しているはずなのに予算オーバーになっている人が多いのです。
その理由は諸経費にどれくらいのお金がかかるか知らないために、予算ぎりぎりの中古車を選んでしまっているからです。
購入する前にどんな費用があるのか知っておくことが必要です。

ではどのような費用がかかるのかチェックしましょう。
まずは車検です。車を維持する中で一番お金がかかる部分です。
車検が何年残っているかは、表示されているところがほとんどですがない場合は確認しましょう。

次に税金です。
自動車税・自動車取得税・自動車重量税・消費税です。
自動車重量税は車検が残っている場合、支払う必要はありません。
まだ、車検が残っている車の方がお得ですね。

また登録費用・車庫証明法定費用も必要です。
販売店によっては整備費用を別途請求されることがあるので注意しましょう。

色々な費用がありますが、販売店で決められている価格も多くあり、販売店によって車両の本体価格以外異なってくるので、購入する際はい色々比べて決めた方がよさそうです。
また、本体価格は安いと思いきや諸費用でかなりの高額なったという話もよくあります。
諸費用で利益を出そうとする販売店もあるのでよく聞いてから、契約するように気をつけましょう。

中古車といえども、安くない買い物である車。
ローンで購入という人も少なくないはずです。つまり中古車選びと同時にローン会社も決めなければなりません。

しかしながらローン会社はたくさんありすぎて、どこを選べばいいのかわからないという人がほとんどです。
まず会社を決める前に自分が借りたい金額と何年で返済したいかなどの予定をたてましょう。
車は維持費がかかるものなので余裕をもった返済プランを立てるようにしましょう。
維持費と返済額を合わせて、月に返済できる金額を決めましょう。

車の購入であれば300万程度借りることができます。
中古車ローンだと多少金額が少ない場合がありますが、マイカーローンだと新車・中古車に関わらずお金を借りる事ができます。
ただ限度額も会社によって違うので要チェックが必要ですね。

では何をメインにローン会社を選べばいいのでしょうか。
もちろん金利です。低金利の方がいいのは言うまでもありません。
金利が返済の負担になるという状態だけは避けましょう。
選ぶ会社によって金利だけで10万以上の差額が出る場合があるので、ローン会社の比較は大切です。
自分の買う車の値段にもよりますが、借入額と金利を合わせて比較し、会社を決めましょう。

どの販売店もローン会社と提携していたりします。でも、必ずしもそのローン会社からお金を借りる必要はありません。
ディーラーが用意しているローンは少し割高になっている場合が多いようなので要注意です。

安心して中古車選びができるようにしっかり下調べしましょう。
中古車選びの際は予算より少し安めの車を選ぶことで、予算オーバーを防ぎましょう。

ページのトップへ▲