トラブルの回避



中古車選びで多いのが購入後のトラブルです。
新車ではないので、色々な部分に劣化が進んでいます。
外装などは目で見て分かりますが、やはり目でみただけで分からない部分や走ってみないと分からない部分がたくさんあります。
販売店側はきちんと伝えていたつもりが、お客に伝わってなかったり、販売店側がきちんと伝えてなかったり、トラブルの原因はさまざまです。
しかし、一度購入して使ってしまうと、相手側に過失がない限り返品はできないのでしっかりチェックしましょう。
購入後のトラブルは販売店に言ってもなかなか解決しないことがあります。
トラブルが起こった場合は自動車公正取引協議会や日本中古自動車販売協会連合会、日本中古自動車査定協会といった窓口に相談してみるのがよいでしょう。

購入後の大きな出費になるのが部品の買い替えです。本体自体は安かったが、色々部品を買い換えていたらかなりお金がかかってしまったということがあります。
購入後のトラブルを避けるにはやはり、購入前に車のチェックが大切になってくることは言うまでもありません。

またオークションだと、落札された車が自分の思っていた車と違うというトラブルがあります。
落札の前にきちんとした話し合いが大切になります。

他にもトラブルの原因として、知人に紹介してもらったお店で事故車だったというこがあります。
知人からの紹介ということで、安心感があるせいかチェックが甘くなってしまいます。
トラブルを避けるには、色んな点で慎重な中古車選びをするしかありません。

そして中古車選びで一番怖いのが悪徳業者に騙されることです。
多く言われているのが、メーターの改ざんです。
メーター戻しをしている販売店がたくさんあるのです。
現在は警察の摘発も厳しくなり、メーターの改ざんをする業者は減ったと言われています。
しかしながら、メーター戻しをしている業者が後を絶たないのが現状です。
走行距離の多い車を安く買い、メーター戻しをして高く売るのです。しかも、普通の人ではメーター戻しをしているかどうかが分からないのです。
悪徳業者にとっては好都合ですね。

消費者を守るため、走行距離管理システムというものがあります。
販売店で走行距離管理システムについて聞いて見ましょう。きちんと答えてくれる販売店以外では購入しないようにしましょう。
万一、購入した場合は、消費者契約法に基づいて解約することができます。
絶対に泣き寝入りしないようにしましょう。

次に修復歴車で失敗したという声がよくあげられます。修復歴があるとなかなか売れないのが現状です。
業者によっては少しぶつけただけとか、こすっただけという返事が返ってきますが、その程度では修復歴車にはなりません。
ダメージを受けたから、修復歴車になっているのです。
少しでも歪んだ車を買ってしまうと、リスクも高くなります。修理代が必要になる可能性が高いことも忘れてはいけないです。

また、契約書や保証書などもしっかりチェックしましょう。契約書と話していた内容が違っている場合もあります。
中古車選びは慎重に行いましょう。

ページのトップへ▲