中古車選びのポイント


中古車選びで、大切なのはデザインや価格だけではありません。
自分の目で車をチェックすることが何よりも大切です。

チェックしなければいけない項目はたくさんあります。
その前にチェックする大前提として、晴れた日の日中に行いましょう。
小さなキズも見逃すことなく、色の確認などもきちんとできます。

では、まずはエンジンをかけてみましょう。
一回でかかるかどうか、変な音はしないかなどのチェックは重要です。
走行距離の多い車などは部品が劣化している場合もあるので気をつけましょう。

次にボディのチェックをしましょう。
近くからと遠くからのチェックを必ずしましょう。
小さなキズの有無と車の歪みがないかを調べます。カギ穴付近はキズがつきやすいので念入りに調べましょう。

さらに、タイヤとサスペンションもチェックしましょう。
ボディを押して揺れがすぐに収まらない場合は交換が必要かもしれません。
ホイールに目がいきやすいですが、タイヤの減り具合を必ずチェックして下さい。
また、販売店で交換してくれるかも確認しましょう。

後は、ボンネットを開けてエンジンルームなどのチェックも必要です。
綺麗にクリーニングされていれば問題ありません。後々、修理することがないようにしましょう。
もちろんボンネットだけでなくトランクも開け、カーペットをめくってチェックしてください。

細かいようですが、新車と違って中古車選びには慎重になる必要があります。隅から隅までチェックしましょう。

中古車選びで外見や車の中をチェックすることも大切ですが、実際に乗ってみないと分からないことってありますよね。
今は、中古車であっても試乗できる販売店がたくさんあります。

買う前は必ず試乗した方がいいですね。
試乗が断られる車は逆に怪しいと思った方がいいです。そういうお店では買うことを避けた方が無難です。
もし、運転してキズをつけてしまうのが嫌であれば、同乗走行させてもらうことが大切です。

では試乗して、チェックするポイントをおさえましょう。
まずはエンジンです。音はもちろん、スピードもきちんと出ているか確認しなければいけません。
エンジン同様大切なのがブレーキです。
効くことはもちろん、踏み具合やブレーキのかかり具合をチェックしましょう。坂道でブレーキが効くかのチェックも大切です。

つぎにミッションのチェックもしましょう。
マニュアル車の場合、チェンジした時に音がないかクラッチに滑りがないか確認することが大切です。
ギアが入りにくい車も避けた方がいいですね。

サスペンションの動きもチェックしなければいけません。
段差に乗り上げたときの動きをチェックしましょう。揺れが止まらないものは修理が必要です。

また、走行中に車体がどちらかに傾いてないか歪んでないかのチェックもした方が良いですね。
走行中に変な音がしないかも確認しましょう。ハンドルを切った時に音がしたりする場合もあります。

乗って、不具合を感じたら必ずお店の人に確認してください。
自分で乗って確かめることが中古車選びでは大切です。

ページのトップへ▲