中古車を選ぶときの基準(1)


認定中古車とは最上級のクオリティを持っている車を指します。
走行距離や整備履歴などに規定があり、その規定を満たした上で点検を行います。
さらに点検を行い不備がなかった車に整備を施したものが認定中古車になります。

安く買いたいけれど、購入後のメンテナンスやサービスが充実していないと中古車は不安という人は多いと思います。
そういう人にお勧めなのが認定中古車です。
認定中古車は中古車選びで、不安を抱えている人に安心を与えてくれます。

クオリティが高く、販売されるまでのチェックが厳しいため品質のよい中古車であることは言うまでもありません。
また通常の中古車を購入するより、保証内容も手厚くなっていることが多いのです。
長い期間保証がついている上に、サービスも充実しているのです。

通常の中古車より少し高くなっていることが多いですが、ローンは低金利となる場合が多いのでそこまで高いと感じないはずです。
安心を得る事ができるのであれば少しぐらいは高くてもよいのではないでしょうか。

輸入車を中心に認定中古車は導入されています。
MINIやBMWといった高級輸入車の導入はもちろん、最近ではレクサスなどの日本車でも認定中古車が導入されています。
認定中古車だと、納車前にパーツが交換されるなど、新品同様の形になってきます。
多少高いかもしれませんが、中古車選びで高級車を購入するのであれば、認定中古車を選べば間違いないでしょう。
認定中古車だと何より安心が得られるのが一番のメリットです。


中古車選びをしていると同じ車種でもグレードにより価格が違うということがよくあると思います。
そもそもグレードとは、エンジンや装備の違いによりランク付けしたものを言います。
新車の場合グレードにより価格が100万以上違うこともあります。

新車の場合、グレードによりかなりの価格差がでてきますが、中古車の場合は新車ほど価格差がないのが特徴です。
つまりワンランク上の車を手にすることができるのです。

グレードはかなり細かく分かれており、詳細がわからないという人多いと思います。
どこがどう違うのかを知った上でグレードを選ぶのが一番いいでしょう。
高ければよいというものではなく自分が欲しい装備と比較しながらグレードを決めましょう。

ただ、販売店でグレートの違いを聞いても明確に答える事ができるお店は少ないです。
そういう場合は直接メーカーに問い合わせるのがよいでしょう。新車ではなく中古車選びであっても、メーカーに聞くことをお勧めします。
小さな違いまでしっかり答えてくれます。

グレードの中でもトップグレードと言われるものがあります。
新車であれば、もちろん価格もかなり高いです。
その分、搭載されている機能はすばらしく、装備も購入者を満足させてくれること間違いなしです。
中古車になれば、トップグレードの車も新車よりかなり手に入れやすくなります。
最新の機能を搭載しているだけあって長く使えます。

購入する際にあまり金額に違いがないのであればグレードのいい車を買ったほうがよいでしょう。

ページのトップへ▲